今更聞けない!ブルーライトが人体に及ぼす悪影響とは?

「ブルーライトの本当の怖さ、ご存じですか?」

近頃よく耳にする「ブルーライト」という言葉。

ブルーライトカットのPCメガネなども多く市場に出回っていますね。

目に悪いということはご存知かもしれませんが、具体的にどのような悪影響があるのか知っている方は少ないと思います。

今回はブルーライトが及ぼす悪影響について、具体的に書いていきたい思います。

そもそもブルーライトとは?

ブルーライトとは、波長が380~500nm(ナノメートル)の青色光のこと。ヒトの目で見ることのできる光=可視光線の中でも、もっとも波長が短く、強いエネルギーを持っており、角膜や水晶体で吸収されずに網膜まで到達します。パソコンやスマートフォンなどのLEDディスプレイやLED照明には、このブルーライトが多く含まれています。

引用 : ブルーライト研究会

つまりは、PC、スマホ、TVなどのディスプレイから発せられる強いエネルギーを持った光のことです。

可視光線の中でも最も強力で、目や身体、そして精神に大きなダメージを与えると言われています。

厚生労働省のガイドラインでも「1時間のデジタル作業をしたら15分の休憩が必要」と書かれています。

省エネでLED化が進んでいくにつれて、人体に悪影響を与えるブルーライトの量が多くなる。というのはなんだかなぁと思いますね。

「LED = エコ」という認識で、どんどんLED化を推し進める会社も多いですよね。

LEDにはデメリットもあるということを知った上で、導入して頂きたいです。

それでは、ブルーライトがどのような悪影響を及ぼすのか具体的に見ていきましょう。

ブルーライトが及ぼす悪影響

網膜への影響

紫外線やブルーライトを浴び続けると、網膜の中心部にある「黄斑」がダメージを受けます。

というのも、通常の光は、角膜や水晶体で吸収されるのですが、強い光は吸収されないんです。

太陽を直接見ちゃだめ!というのは、網膜にダイレクトアタックされるからなんです。

網膜がダメージを受けると、「加齢黄斑変性」になるリスクが高まります。

加齢黄斑変性

加齢黄斑変性は年齢を重ねれば誰にでも起こり得る病気で、実はアメリカでの65歳以上の失明原因の第1位なんです。怖いですよね。

物がゆがんで見えたり、ぼやけ、中心が暗くなる。というように、見たいものがうまく見えなくなるという症状です。

ブルーライトや日光を浴びすぎると、加齢黄斑変性になりやすくなってしまうので、今のうちからブルーライト対策をしておきたいですね。

眼精疲労

ブルーライトは散乱しやすい性質を持っています。そのため、脳がピントを合わせにくくなります。だからPCディスプレイを見ていると目が疲れるんですね。

-shared-img-thumb-OZPA87_megaitaindesu20130707_TP_V

さらにはエネルギーの強さから、目の筋肉を酷使したりすることで、肩こりや首の疲れの原因にもなります。

体内時計(サーカディアンリズム)が狂う

ブルーライトを浴びすぎると、体内時計が狂います。

難しい言葉だと「概日リズム」「サーカディアンリズム」なんて言ったりします。

人間は、朝起きて、夜に眠る。というリズムが遺伝子レベルで刻み込まれていますが、夜に明るい光を浴びていると、体内時計が狂っちゃうんですね。

その結果、睡眠の質が低下し、眠りが浅くなったりして、疲れが取れにくくなります。

睡眠の質が低下すると、うつを発症しやすくなったり、免疫力が低下し虚弱体質になってしまいます。

肥満への影響

体内時計が狂うことによって、血糖値を下げるホルモン「インスリン」の働きが悪くなります。

つまりは、糖尿病のリスクが高まるということです。

体内時計が狂うと、血糖値だけではなく、血圧や心拍などにも影響を与え、太りやすくなったり、様々な病気になってしまう可能性があります。

そもそも人間の身体は昼間に代謝し、夜間に蓄積するというリズムになっています。

そのため、夜間の食事は太りやすく、メタボリックシンドロームなどを発症してしまう原因になります。

「ブルーライトのせいで寝れない→空腹→夜食」

こういう生活をしているとすぐに太ってしまいますね。

癌になるリスクが高まる

夜勤が多い職業の女性は、サーカディアンリズムが狂ってしまう場合が多いです。

そういった女性は、一般的な生活をしている女性よりも乳がんの発生率が高いと言われています。

これと同様に、ブルーライトによってサーカディアンリズムが崩れると、癌の発生リスクが高まります。

まとめ

僕はてっきり眼だけへの影響かと思っていたのですが、まさかこんなに色々な病気の原因になるとは。ブルーライト恐るべしですね。

ここまで見てくると、人間の健康には「サーカディアンリズム」が大きく関わっていることがわかりますね。これが乱れると病気になりやすくなってしまいます。

僕もデスクワークが多いので、なるべくブルーライト予防していかないと将来大変なことになりそうです…

ブルーライトが気になる方へ。