糖質とは?ブドウ糖とケトン体

自分の体が動くとき、どこからエネルギーを得ているかご存知でしょうか?

虚弱体質を改善するには食事の管理が大切なのですが、「栄養素」というものをしっかりわかっていないと効率良く栄養が取れません。

そこで、今回は栄養素の中でも「糖質」について解説していきたいと思います。

実は「糖質 = 炭水化物」ではない。

一般的には、糖質と炭水化物は同じ意味だと捉えられていますが、厳密に言うと違っています。

炭水化物は (食物繊維, 糖質) に分けられます。つまり、炭水化物の中の「糖質」です。

ダイエット特集などで良く見かける「炭水化物の取りすぎに気をつけよう!」というのは「糖質の取りすぎに気をつけよう!」という意味に置き換えられます。

そもそも糖質とは

糖質は、脂質、たんぱく質と共に「三大栄養素」の一つに数えられ、糖質は人間のエネルギーとして重要な役割を持っています。

栄養素の働き

糖質は身体を動かすためのエネルギー源になります。

胃で消化、小腸で吸収され、肝臓や筋肉でグリコーゲンとして貯蔵されます。

ビタミンB1と一緒に摂ることで、エネルギー生成が促進されます。
糖質1g辺り、4kcalのエネルギーと言われています。

糖質が含まれる主な食品

糖質って甘いものでしょ?と思いがちですが、甘くない糖質も存在します。

それは米や芋などの「でんぷん」が含まれる食品です。

  • ご飯
  • パン
  • 麺類
  • シリアル
  • 芋類
  • 果物

といった食品です。普段主食として口にするものが多いですよね。

糖質の種類

実は、糖質にはいくつかの種類があります。

「単糖」「多糖」って理科の勉強などで聞いた事ありませんか?

「単糖」というのは、糖質の最小単位で、ブドウ糖や果糖などがあります。

単糖が2つ繋がったものを「二糖」と言い、砂糖や牛乳に含まれる乳糖が含まれています。

この「単糖」と「二糖」を合わせて「糖類」と呼びます。

「多糖類」というのは、単糖が10個以上繋がったもの。でんぷんなどですね。

この多糖類は、体内で分解されてから、吸収されます。

その為、糖類に比べて吸収されるまでに時間がかかるのが特長です。

ブドウ糖とケトン体

以前までは、脳のエネルギー源は「ブドウ糖」だけだ!と思われていたのですが、最近は「ケトン体」も脳のエネルギー源になることが判明しました。

ケトン体に関しての詳細は別記事にまとめていますので、是非ご覧ください。

サッカー日本代表の長友選手も目指す「ケトン体体質」とは!?

まとめ

うどんと丼物のセット商品とかって、男ならガッツリ食べたくなっちゃいますけど、「糖質」+「糖質」の組み合わせになってしまうので、健康的には良くないですね。涙

でも、腹七分くらいで抑えた方がなんか調子いいんですよね。

昔の人は1日2食だったと言いますし、現代人は総じて食べ過ぎなのかもしれません。

今一度、自分の食事について見直す必要がありそうですね。