チアシードって本当に効果あるの?口コミと食べ方について

皆さんは「チアシード」という食品をご存知でしょうか?

少し前からよく耳にする「チアシード」最近ではコンビニなどでも置いてありますね。

スーパーの成城石井で初めて見かけたときは「カエルの卵」かと思いました。(失礼)

チアシードは海外セレブや日本では、道端アンジェリカさんなどが愛用するスーパーフード。

ダイエットにはもちろん、栄養たっぷりなので健康を目指す方にも大注目とされています。

僕は虚弱体質なので、健康食品!と聞いて黙っていられず、チアシードについて調べてみました。

そもそもチアシードとは?

チアシードとは、カエルの卵…ではなく、シソ科サルビア種ミントの一種です。

主にメキシコやグアテマラといった中南米原産の果実の種ですね。

caef8098f236fd3f3bcebfbfc42a5315_s

マヤ言語で「チア = 力」を意味しています。「シード = 種」なので「チアシード = 力の種」という意味ですね。すごく効果ありそう。(ドラゴンボールでいう仙豆的な)

この名の通り、非常に栄養価が高いです。(食物繊維,αリノレン酸,アミノ酸を多く含んでいます)

見た目は直径2mmでゴマみたいな感じですが、水に浸透させることで膨らんでジェル状になるんですね。これが一般的にスーパーやコンビニなどで見かけるチアシードドリンクです。

チアシードの効果と栄養

「チアシードは栄養価が高い」と書きましたが、どのような栄養素が入っているか具体的に見ていきましょう。

必須脂肪酸が摂れる

特に注目すべきなのはαリノレン酸です!聞きなれない言葉ですが、この栄養素は、体内で作り出すことができない「必須脂肪酸」です。つまりは、食品から取り入れなければならない栄養素です。

  • 美容・美肌効果
  • うつ症状の改善
  • 認知症・アルツハイマーの予防・改善
  • 生活習慣病の予防

などなど、αリノレン酸の恩恵は多岐に渡ります。

厚生労働省によると、αリノレン酸の1日の摂取量は、男性2.1~2.4g,女性1.8~2.1gです。チアシードは大さじ1杯(12g)で、2.14gのaリノレン酸を摂取することができます。

チアシードの食べ方と口コミ

チアシードは、ほとんど無味なので、様々な食材と組み合わせて売られているのが特徴的。

スムージーやドリンク、ヨーグルト等本当に様々です。

それぞれの口コミなどを見ていきましょう。

ここ1年くらいはチアシードを食べています、今回購入したオーガニックシードは一番コストパフォーマンスがいいと感じます。
次回も同じものを購入すると思います。毎日、ヨーグルトに混ぜて食べています。
そのおかげか、女房はコレステロール値が正常になりました。

こちらは、種そのままの商品ですね。水に浸けたりする作業が必要になってきますが、コストパフォーマンスは良さそうです。ヨーグルトなどと組み合わせて食べている人が多いですね。手間はかかる分、コストは抑えられるので節約したい方にはオトクな商品です。

つぶつぶ入りのグレープジュースを飲んでいるかのような味や食感で大変美味しいですし満足できる商品です。
商品自体はバジルシードがはじめてで不安のある方でも飲みやすいのではないかと思います。

こちらはドリンクタイプ。そのまま飲めるので手間いらず。

スーパーの成城石井にも売ってますね。手頃なのでバジルシード初心者にはオススメです。

個人的にオススメな食べ方

僕がオススメなのは、やはりスムージーです!

スムージーは、スイーツ感覚で飲めるのがやはり良いと思います。

ですが、一般的なスムージーだと乳成分が多くて結局ダイエットに役立たなかったりするんですよね。

そこで僕がオススメするのは、一般的なスムージーではなく、チアシードと野菜をミックスしたスムージー。

ダイエットをしながら必要な栄養素を摂取し、虚弱体質を改善したい人にはうってつけです。是非チェックしてみてくださいね。