健康の定義とは?健康な生活を送るための3つの要素 + 1

健康な体を作るには、なにをすればいいのかなぁ?

サバトラくん

ライオンくん

一般的には「食事・健康・睡眠」が大事だと言われているな。

 

一般的にはこの3つの要素を重要視した生活を行うことが良いとされていますよね。

しかし僕は、この3つの要素に加えもう1つの要素「メンタル」をプラスするべきだと考えています。

虚弱体質の人ほど、この「4つの要素」を改善していく必要があります。

今回は、基本的な3つの要素を見ながら、もう一つの要素「メンタル」についても解説していきたいと思います。

健康の定義とは

そもそも健康とはどういう状態のことを指すのかな?

サバトラくん

ライオンくん

日本WHO協会は以下のように定義しているぞ。

 

健康とは、病気でないとか、弱っていないということではなく、肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが満たされた状態にあることをいいます。
引用 : 日本WHO協会

「精神的にも」とあるように、やはりメンタルは重要な要素の一つと言えるでしょう。

ここからはそれぞれの要素について解説していきますね。

健康になる方法 その1”食事”

「食欲」は人間の3大欲求の一つですよね。

食事はそもそも“人間が活動”をするために必要な行為です。

ライオンくん

食事は大切だぞ。俺も狩りをしなければ死んでしまう。
食べるだけでなく、栄養素のバランスも大事だね。

サバトラくん

 

人間が体内で作れる栄養素は非常に少なく、足りない分を食事で補っているんですね。

でも日々の食事を充実させるのは難しいよ・・・

サバトラくん

ライオンくん

そんな時はサプリメントに頼るのも手段の1つだ。

 

バランスの良い食事というのは、健康な体を作るためには重要な要素です。

効率よく栄養を摂取していくためには、栄養素についても学んでおく必要があります。

栄養素に関しては別記事にまとめてありますのでぜひご覧ください。

健康になる方法 その2”運動”

どうして運動したほうがいいの?ぼくはのんびりが好きだなぁ

サバトラくん

ライオンくん

まずは「なぜ」運動が健康に良いかを知る必要があるな。

 

「運動した方がいい!」というのが当然の認識になっていますが、なぜ・どんなメリットがあって運動した方がいいのかっていうのは曖昧ですよね。

果たして運動には具体的にどのような効果があるのでしょうか。

少し見ていきましょう。

運動は生活習慣病の予防になる

よく聞くけど、生活習慣病って?

サバトラくん

ライオンくん

食事や運動不足によって引き起こされる病気のことだ。糖尿病などはその代表例だな。

 

食べ物から摂取したエネルギーと、運動で消費するエネルギーのバランスが取れていることが身体にとってコンディションが良い状態です。

つまり、食事の量が運動する量を上回ってしまうと、身体に余分な脂肪が蓄積されます。

このままだとデブ猫まっしぐらだ・・・

サバトラくん

脂肪が蓄積されていくと肥満状態になり、この肥満が様々な病気につながるという訳ですね。(糖尿病、高血圧など)

運動して脂肪を消費することで、病気の予防に繋がりますし、基礎代謝を上げることで体温も上がり、免疫力のアップにも効果的です。

運動機能の維持

最近は前より身軽じゃなくなった・・・

サバトラくん

ライオンくん

お前、あきらかに運動機能が低下しているな。

 

加齢による筋力の低下や、体力の低下は避けられません。

僕も明らかに10代の時より走れなくなっています。

それは仕方のない事なのですが、運動する事によって進行を遅らせたり、なるべく筋力や体力を維持していく事は可能です。

伝説的なアスリートでもある “キングカズ” こと三浦知良選手やイチロー選手などは、年齢的にキャリアのピークを過ぎているのに、未だに現役で凄いですよね。

たしかにカズはもう50歳なのに現役でバリバリやっていてすごい!

サバトラくん

ライオンくん

運動機能が低下すると思わぬケガにつながる可能性もあるぞ。

 

筋力が低下していると、荷物を持つ時にフラついたりとケガにつながってしまいます。

継続的な運動によって、筋肉の柔軟性アップや心肺機能の向上が見込めます。

運動する事によって”日常生活におけるあらゆるリスクを回避できる”とも言えるでしょう。

また、運動の順番などを意識することによって、より効果的に運動することができますので、ぜひ意識してみて下さいね。

健康になる方法 その3″睡眠”

睡眠時間は人によって長さが異なりますが、一般的に7時間程と言われています。

ネコの睡眠時間は一日12-16時間!

サバトラくん

ライオンくん

まさに人間の倍だな。ちなみにライオンも13時間ほど眠る。

 

ぼくは大体6時間くらいでしょうか、普通より少し短いくらいですね。

そもそもどうして人間には睡眠が必要なのでしょうか?

少し勉強していきましょう。

脳と体の疲れを取るため

ライオンくん

実は、脳は常に活動していて、運動をすると身体が疲れる同様、脳も疲れるんだ。
全然脳を使っていないぼくでも疲れてるのか・・・

サバトラくん

 

脳の疲れは、体の疲れほど分かりづらいのが怖いところですね。

毎日の生活で蓄積された脳の疲れを取る役割を果たすのが睡眠です。

一般的に脳の疲れは肉体疲労よりも取れにくいと言われています。

忙しい中でも効率的に脳の疲れを取るなら、睡眠の質を改善することが大切ですね。

大公開!私が取り組んでいる睡眠の質向上プロジェクト

ホルモン分泌のため

睡眠中には成長ホルモンが分泌され、肌の調子を整えたり、筋肉の修復を行ったりします。

ライオンくん

狩りで傷ついた身体の修復が出来るぞ!
特に女性は肌ケアのために睡眠を多めに取りたいね。

サバトラくん

 

美肌は睡眠時に作ることができます。

22:00~2:00まではゴールデンタイムだから寝ましょう!なんて言ったりしますよね。ホルモンの分泌はそれほど大切です。

睡眠の質を上げたいなら、時間帯を気にした方がいい理由

健康になる方法 その4″メンタル”

これは僕が勝手に思っていることなんですが、健康に生きるためにはメンタルコントロールが大事だと思っています。

メンタルコントロールといっても、スピリチュアル的なものではなく、「心のメンテナンス」と捉えていただきたいです。

ライオンくん

身体だけでなく、心もケアしていこう。
「健康」とは肉体的にも、精神的にも満たされた状態にあることだったよね!

サバトラくん

 

特に忙しい人は忙殺されて、自分の事を考える余裕もなくなってしまいます。

そうしていく内に、気がつくと、病気になっていたりします。

スポーツ選手などは効果的にメンタルトレーニングを取り入れていて、とても参考になります。

サッカー日本代表、長谷部誠選手の著書「心を整える」でも、紹介されていました。

ぜひご覧ください。

ちなみに僕はメンタルトレーニングの一貫として「瞑想」を行っています。他にも日記をつけて日頃の気持ちの変化を記録したりですね。

まだまだ試行錯誤の連続ですが、興味がある方はこちらの記事を参考にして一緒に頑張りましょう!