ロハス(LOHAS)とはいったい何?ロハスフードって?

「ロハスな生活」など、最近よく耳にする「ロハス」って何の事だかご存じでしょうか?

僕もこの前町を歩いていると、「ロハス」と書かれた、やたらかっこいい建物に出会いました。笑

今日は「ロハス」の謎について解明していきたいと思います。

ロハスとは

LOHAS(ロハス)とは「Lifestyles of Health and Sustainability」の頭文字を取った略語です。

簡単に単語を訳すと…

  • Lifestyles…生活様式
  • Health…健康
  • Sustainability…持続可能性

直訳ですと「健康で持続可能な生活様式」とちょっと難しい言葉になりますが、一般的には「地球と健康に意識の高いライフスタイル」として定義されています。

自分の健康だけではなく、環境にまで考慮するのは素晴らしい考え方ですね。

僕もリサイクル等はしますが、食に関してはあまり地球環境について考える視点は持っていませんでした。

ロハスフードとは

最近はロハスレストラン等もよく見かけるようになりました。ここで取り扱っている「ロハスフード」とは一体どのようなものなのでしょうか。

0348a8f49caf4a866b0e23bbddd74eac_s

一般的に「ロハスフード」とされている食品の特徴をあげてみましょう。

オーガニック食品(有機食品)

化学肥料や農薬を使わない食品は、安全と言われていますが、健康だけではなく、地球環境にも優しいです。

スローフード

田舎や実家に帰ると自家製の味噌や、家で漬けた漬物などがありますよね。そんな昔ながらの伝統的な食材が日本人の健康に良い影響を及ぼします。

地産地消

地元で採れた食品は、新鮮で、旬な時期には必要な栄養素がたっぷり。

僕は、地元で採れる食品で美味しいものは何?と聞かれてパッと出てくるものがあまりないのがちょっとショックです。これからはそういう視点も持ちたいですね。

自然食品

オーガニック食品も含まれますが、食品添加物を含まない商品や、非遺伝子組換え食品など、余分な加工をしていない食品は、安全で誰にとっても健康的な食品です。

まとめ

「ロハス」というのは、実は伝統的で昔ながらの食生活を大切にしていくライフスタイルなのだとお分かりいただけたでしょうか。

現代では加工食品なども当たり前のようにあり、知らないうちに健康を害されることなんて普通になってしまっていますよね。

だからこそ、今、この考え方が必要になっています。

お子さんをお持ちのご家庭などはロハスなライフスタイルを意識してみるといいかもしれませんね。

それではまた!