活性酸素とは?原因と対策・除去方法

「活性酸素の何が悪いのでしょうか?」

活性酸素と聞けば、「老化の原因」や、「身体に悪い」ということはなんとなく分かりますよね。

でもどのような物質で、どう身体に悪いのか?ということはあまり知られていないような気がします。

今日はそんな「活性酸素」について見ていきましょう。

活性酸素とは?

活性酸素は簡単に言うと「活発な酸素」のこと。

呼吸で取り入れた内の2%が「活発な酸素」である活性酸素になると言われています。

さて、通常の酸素と何が違うのでしょうか。

それは「酸化力」です。

「酸化力が強い = 殺菌力が強い」ですから、活性酸素は本来、体内の細菌類を除去してくれる働きを担っています。さらに、酵素の働きを促進するので、細胞の健康を維持できます。

こう考えると、実は活性酸素はいいヤツだったということが分かります。

では、どうして活性酸素は身体に悪いと言われてしまうのでしょうか?

活性酸素が増えすぎると、身体に良くない

問題点は、「活性酸素が増えすぎる」ことです。

酸化力があまりにも強いため、その量が増えすぎると、細胞を保護するばかりか、細胞にダメージを与えてしまいます。

強すぎる皮膚薬とかも、効果は抜群ですが、かぶれたりしますよね。そういうイメージで良いと思います。

活性酸素が身体を酸化させると、様々な病気を引き起こしてしまいます。

これが活性酸素が悪いと言われてしまう原因です。

活性酸素が増えすぎると、どうなるの?

9f0fb5168b0c267ba4bca9482d5f1ed7_s

一般的に活性酸素が増えすぎると、

  • シミ
  • そばかす
  • しわ
  • 老化
  • 動脈硬化
  • 痴呆症
  • ガン

などの原因になると言われています。

特に肌関係のトラブルが多いので、女性の天敵とも言えるでしょう。

近年では、他の病気についても活性酸素が原因だと考えられることが増えてきています。

活性酸素が増える原因とは?

活性酸素が発生する原因は

  • 激しいスポーツする
  • 紫外線を浴びる
  • タバコ
  • ストレス
  • 加工食品、添加物の摂取
  • 排ガスの吸引

などがあります。

これらの要素を完全に断ち切ることは不可能ですが、努力次第で減らすことは可能でしょう。

次は、活性酸素から身を守る方法を見ていきましょう。

活性酸素から身を守る方法・除去

人間には抗酸化機能が備わっている

人間の身体はとても優秀で、酸化を防ぐ機能もちゃんと備わっています。

「スカベンジャー」と言われる抗酸化物質が、活性酸素の発生を防止してくれます。

しかし、活性酸素が増えすぎたりすると対応できなくなってしまい、生活が乱れたりするとスカベンジャーの機能が衰えてしまいます。

その為、活性酸素を除去するには規則正しい生活を送り、スカベンジャーの効果を最大限にする事が大切です。

抗酸化物質「スカベンジャー」を増やす方法

活性酸素に対抗するために、抗酸化物質「スカベンジャー」を増やしましょう。

野菜に多く含まれる、ビタミンCやビタミンEが脂質の酸化を防ぎます。

偏りなくバランスよく食事を摂るようにしましょう。

風邪を引いたりすると、免疫が下がり、逆に活性酸素が増えてしまいます。

そのため、風邪をひかないように気をつけたり、ストレスを溜め込みすぎないようにしましょう。

虚弱体質である僕は、不規則な生活を少しでもすると、すぐ体調を崩してしまうので、本当に気をつけたいです。