虚弱体質の人には冷え性が多い?改善方法を考える

夏場でも足先が冷えるなんてことなりませんか?

虚弱体質でもある僕は「末端冷え性」で、特に冬場は足先が氷のように冷たいです。

今回は、虚弱体質と冷え性の関係性について見ていきましょう。

実は冷え性と低体温は別

冷え性の人は、低体温だと思われがちです。しかし、低体温と冷え性は全く別物ですね。

低体温については別記事にて改善方法を提案しています。

虚弱体質の人はまず低体温を改善するべき理由

そもそも冷え性とは

冷え性は、病態としての定義が確立されていないため、一般的には「普通の人が寒さを感じない温度でも、全身または手足など体の一部分が冷えて辛い」という症状として考えられています。

冷え性が女性に多い理由

女性の7割が冷え性患者と言われています。男性の場合は1割程度だそうです。僕は男ですが、冷え性なんですよね…

何故、冷え性の女性は多いのでしょうか。

理由として

  • 筋肉量が少なく熱を作り出す力が弱い
  • 貧血や低血圧の人が多い
  • 月経との関係性

などが挙げられています。

冷え性が起こる原因

775b9dd4b2a5f522d97551f51017728e_s

夏場に起こる冷え性の原因は?

冷え性は冬に起こる症状だと思われていますが、実際は夏にも起こります。

気温が35度の猛暑日、外を歩いているだけで大汗をかいてしまいますよね。

その後に冷たいエアコンや冷たい飲み物で体を冷やし、汗が乾くと熱が奪われて冷え性の症状が現れることがあります。

その為、夏場でもキンキンに冷えた飲み物やアイスはなるべく控えたほうがいいでしょう。冷たい物は内臓にも負担をかけてしまいます。

冷え性は身体の機能と大きく関係している

冷え症は、身体の体温維持機能と大きな関係性があります。

人間の身体は、内臓機能をうまく働かせるために、体の中心部を温かく保とうとします。

その為、人間は身体が冷えると、まずは内臓を保護しようと、末端の熱を中心に持っていきます。

熱が中心によると、身体の末端である手足の温度が下がってしまうので、冷えた状態になります。

寒ければこうなるのは当たり前ですが、問題なのは、慢性的に冷えた状態が続き、温まりにくいこと。

特に寒さを感じる気温ではないのに、冷えた感じがする。この場合は中心から身体が冷えており、体温調節機能がうまく機能していないと考えられます。

冷え性の改善方法

自律神経を整える

特に夏場に冷え性になる人は、自律神経の乱れが問題だと考えられます。

ストレスを感じていたり、不規則な生活を送っていませんか?

夏場は特に室内の空調が効いていて、外気との差が激しいと自律神経が乱れます。調節できる方は、なるべく温度差がないように工夫しましょう。

ストレスや不規則な生活を改善するには、習慣を変えていかなければいけません。

なかなか難しいですが、少しづつやっていきましょう。

身体を圧迫しすぎない

きつい下着や、スキニーパンツなどを履いていると、身体が締め付けられ、血流が悪くなります。血流が悪くなると、皮膚感覚が麻痺し、「寒い」と感じなくなってしまう場合があります。

スキニーパンツやジーンズなどは人気ですが、冷え性の方はなるべくゆったりとした服装や、靴を履くように意識しましょう。

血液循環を整える

貧血、低血圧などの問題を抱えている方は、まずはそちらを改善する必要があります。

こういった症状を持っている方は、血流が滞りやすく、冷え性になるリスクが高まります。

適度な運動をする

特に女性の場合は、筋肉量が男性よりも少ないため、筋肉運動による発熱量も少なくなってしまいます。

女性だけではなく、男性でも僕のように運動不足の人は筋力不足で冷えやすくなります。

トレーニングをして筋肉量を増やすことが冷え性改善につながります。

運動による虚弱体質改善も見込めるので一石二鳥です。

冷え性には他の病気が隠れている場合もある

前述した貧血や低血圧もそうですが、個人的に冷え性だと思っていても、別の病気である場合もあります。

特に怖いのが、手足の動脈が詰まり、血行障害を引き起こす「閉塞性動脈硬化症」

この病気になると、手足に酸素や栄養を送ることが出来なくなってしまいます。

このような怖い病気もありますので、全く改善しなかったり、あまりに症状がひどい場合は早めに医療機関に行きましょう。

まとめ

虚弱体質との関連性は直接的にはありませんが、自律神経や運動不足が絡んでいますので、全く無関係とは言い切れないですね。

僕も運動不足なので、なるべく運動して今年の冬は冷え性にならないように期待したいです!

運動時は正しい水分補給を意識しよう!