理想の睡眠時間帯って?成長ホルモンと睡眠の関係

皆さんは、どの時間帯で眠っていますか?

僕は大体0時くらいに布団に入ります。

絶対に日付が変わる前に寝ます!って人もいれば、夜勤だから昼間に寝ます。って人もいますよね。

では、健康的に良いとされている睡眠の時間帯は何時なのでしょうか?

今日はこの睡眠の時間帯について書いていきたいと思います。

質の高い睡眠はゴールデンタイムに取れる

睡眠の研究をしている人の中では、22時〜26時の4時間のことを「ゴールデンタイム」なんて表したりします。

なぜ「ゴールデンタイム」と呼ばれているのでしょうか?その理由は大きく2つあります。

ゴールデンタイムは「体内時計を適切に保つ」

人間は、朝に起きて、夜に眠くなる。という生活リズムが遺伝子レベルで組み込まれています。朝日を浴びることで体内時計がリセットされるんですね。

この体内時計が狂ってしまうと、自律神経の調整ができずに、体に不具合が起こります。免疫力が下がり、虚弱体質の原因にも。それを防ぐ為には、しっかり睡眠を取り、朝日を浴びることが重要です。

毎日、一定の時間に寝て・一定の時間に起きるようにすると身体の調子が整いやすくなります。その為、交代制勤務の方は体調を崩しやすくなってしまいます。交代制勤務をしている方で、体調が優れないという方は仕事環境を見してみるのも良いでしょう。

1b9276f39e1aead3e09168dcad351879_s

朝日を浴びることができる早朝の時間帯に起きるには、逆算すると22時くらいに眠らなければなりません。そういう訳で、22時~の睡眠はゴールデンタイムと言われています。

朝日を浴びることで生成されるホルモンについての記事もありますので、是非ご覧ください。

心のバランスを整える幸せ物質「セロトニン」とは?

ゴールデンタイムには「成長ホルモンが活発に分泌される」

ゴールデンタイムには「成長ホルモン」が分泌されます。寝始めてから3時間は特に多くの成長ホルモンが分泌されることが分かっています。

この寝始めの3時間を「ゴールデンタイム」と考える場合もあります。成長ホルモンにはどのような効果があるのでしょうか?

成長ホルモンについて詳しく見ていきましょう。

大人でも成長ホルモンが必要なの?

子どもには「成長ホルモンが大事!早く寝なさい!」というのは納得できるんですが、大人にも成長ホルモンって必要なの?と思いませんか?

実は、大人だからこそ成長ホルモンが必要なんです。

成長ホルモンの良いところを見てみましょう。

成長ホルモンは、髪・肌を綺麗にする

成長ホルモンには、細胞分裂を活性化する効果があります。

ゴールデンタイムに寝ていると、細胞分裂により肌の皮膚が生まれ変わり、朝方にはいつもより肌の調子が良いと感じられます。早寝早起きした時ってなんだか肌の調子が良かったりしますよね。

髪の毛や内臓にも同様のことが言え、傷の修復に繋がります。

これは男性でも実感できる効果なので、ニキビや肌荒れに悩んでいる方は、是非ゴールデンタイムに寝るようにしてみてください。

成長ホルモンは筋力をアップさせる

成長ホルモンは筋力アップにも有効に働きかけます。

激しいトレーニングを行うと、成長ホルモンが分泌されます。そしてタンパク質を合成し、筋肉量の増加につながる。という仕組みです。

7e410cf91919c3cab382d6daa4f55454_s

筋トレを行うと筋肉が損傷し、筋肉痛になります。その傷の修復過程で筋肉が大きくなっていくのですが、成長ホルモンによって傷の修復を早めることも可能です。その為、筋肉量を増やすためにも睡眠は大切なのです。

筋肉量を増やすことで、代謝が良くなるので結果的にダイエットにも繋がります。

成長ホルモンによって太りにくくなる

「成長ホルモンが体の組織を修復するときは体内の脂肪を分解し、エネルギーとして使用している」ということが分かっています。ゴールデンタイムに眠ることで、太りにくくなるとは驚きですね。肥満などで悩んでいる方は、是非ゴールデンタイムに睡眠を取ってみて下さい。

このように、成長ホルモンには、体をメンテナンスする働きがあります。

運動や労働によって疲労や傷ついた体の組織は、成長ホルモンによって再生されていくので、大人だからこそ成長ホルモンが必要なんですね。

まとめ

以上のことから、睡眠にベストな時間帯は「22時~6時(朝日を浴びれる時間)」と言えます。

さらに、寝始めの3時間は、筋肉の発達、ダイエット、肌の健康、免疫力の強化と、非常な重要な時間です。

忙しい方には難しいと思いますが、なるべくこの時間に眠れるようしっかり準備していきたいですね。

慢性的に疲れているような症状がある方は、ゴールデンタイムの睡眠に取り組んでみて下さい。