紹介します。正しいストレッチ方法

柔軟性を高めるエクササイズとしても、ダイエットとしても取り組む人が多いストレッチ。

体操やバレエといった柔軟性が大事なスポーツでは、必須のエクササイズですね。

実はストレッチにも様々な種類があるのはご存知でしょうか?

今回はストレッチの種類と特徴、方法について見ていきましょう。

なぜストレッチに取り組むのか

特にスポーツの現場では柔軟性の改善、筋肉の緊張緩和や血流促進、筋機能の向上など、パフォーマンス改善のために行われます。

さらには、筋肉系の怪我を予防する効果もあります。

僕はサッカーをやっていたのですが、サッカーは肉離れ、ハムストリングの故障などが頻繁に起こる競技です。ストレッチを怠っていて身体が固かったりする人は、筋肉系の故障を抱える選手も多いですね。

運動後のクールダウンとしてのストレッチは、疲労低減や筋肉をリラックスさせる効果もあります。

ストレッチの種類

ストレッチは運動時に良い影響を及ぼします。しかし、動作によっては効果や傷害リスクに違いが生じる為、目的に合わせたストレッチ方法を選びましょう。

スタティックスストレッチ

スタティックスストレッチは、一番馴染みが深く、様々な場面で利用されるストレッチです。

ゆっくりじっくりと筋肉と腱を引き延ばします。限界まで伸ばしきったら、そこで30秒程キープ。

過度な負荷をかけないので、筋肉痛にもなりにくくストレッチの中でも最も安全です。

動きも簡単なので、小さいお子さんからお年寄りまで出来るストレッチです。

ただ、時間が多くかかってしまうのがデメリットですかね。

5a64a8283cd134ebc4d88de1795fbfe6_s

バリスティックストレッチ

アキレス腱のストレッチの際に反動をつけて行いますよね。

あのような、反動をつけて伸張させるストレッチを、バリスティックストレッチと言います。

関節可動域の限界を越えて引き延ばされる為、パフォーマンスの向上が期待できます。

デメリットとしては、急激な伸張を行うので筋肉や腱を損傷させてしまう可能性があることです。

ジョギングや、前述したスタティックスストレッチを行うことによって、負担軽減ができるので、なるべく軽く動いてから行うようにしましょう。

ダイナミックストレッチ

ダイナミックストレッチは、一定方向に行う動作ではなく、実際の運動時に近い動きをします。

その動きの中で、腕や足を回したりと、関節の可動域を広げていくストレッチです。

例えば、サッカーのウォーミングアップで使われている「ブラジル体操」などもダイナミックストレッチの一つです。当時は何のためにやっているか意味不明だった

ダイナミックストレッチは柔軟性やパフォーマンスの向上に効果を発揮します。

急に関節を動かしたりすると、痛みを伴う場合があるので、バリスティックストレッチ同様、ジョギングなどで体が温まってからにしましょう。

動かす関節や筋肉を意識しながら、左右バランスよく行う事が重要です。

まとめ

ストレッチを行うのと行わないのとでは、全くパフォーマンスが違ったりします。

基礎と言っていい部分だからこそ、ストレッチの種類を知り、それぞれの方法をマスターしましょう!