有酸素運動は筋トレの前にやってはいけない!正しい順番とは

先日は有酸素運動と無酸素運動の違いなどについて、書きました。

今回の記事は前回の記事の続きになりますので、お読みで無い方は、前回記事からお願い致します。

有酸素運動と無酸素運動の違いとは?どっちが良いの?

今回は、主に有酸素運動と、無酸素運動の順番についてです。

順番?いやーめんどくさい!でも、この順番が非常に大事なんです!

有酸素運動は筋トレの前にやるべきだ!っていうのはよく聞きますが、実は体脂肪を減らす上では、筋トレの後に有酸素運動を行う方が効率が良い

この情報を見たとき、今までの俺のやり方が間違ってるじゃねぇか!とショックを受けましたが、勉強になったので記事にしておきます!

より効率良く脂肪を燃やすのはどちらか。

前回記事でも書きましたが、無酸素運動に比べ、有酸素運動では、体内に酸素を取り込んで、脂肪を燃焼させて出来た物質をエネルギーとします。

その為、有酸素運動の方が効率良く脂肪を燃やしてくれる為、ダイエットには良いと言えます。

じゃあ、筋トレとかしないで有酸素運動だけしてれば良いんじゃないの?(俺天才か)

と思いますよね。

でも、それだと返って効率が良くないんです。

有酸素雨運動だけで体脂肪を減らすのは大変すぎる!

例えば、1時間のジョギングで300kcalを消費したとします。

この300kcal…実は全部体脂肪から消費している訳ではないんですね。

運動別消費カロリーの一覧表なんて詐欺だと思った方がいいです!笑

実は脂肪と糖で半分ずつ消費しているんですね。5:5の割合で消費されているといいます。

pie-chart

つまり、300kcalをジョギングで消費した場合、糖で150kcal。体脂肪で150kcal。

消費カロリーが少ないということは、より長く運動し続けないといけないってことになってしまいますよね。

僕みたいな虚弱体質で低体力の人にはもう地獄です。

それを助けてくれるのが無酸素運動(筋トレ)です!

筋トレで狙うのは代謝アップ

無酸素運動は有酸素運動に比べ、脂肪の消費効率が悪いです。

筋トレ中なんか全然脂肪を消費してくれません。

では、筋トレの良いところに注目してみましょう。

ポイントとしては、筋トレを行うと代謝が上がるッ!という所です。

-shared-img-thumb-ama0I9A7838045125433_TP_V

実は、筋トレ直後の代謝アップは、約2日も続くそうです。

つまり、普通の生活をしているだけでも、事前に筋トレを行っているだけでカロリーを多く消費できます。

さらに近年の研究で、カロリー消費時に脂肪が使われる割合が高くなる。ということも報告されています。つまり通常では(脂肪:糖 5:5 → 6:4)になったりするということですね。

pie-chart (1)

有酸素運動の前には無酸素運動をしよう

さて、ここまで書けばもうどちらを先にやればいいか分かって頂けたと思います。

筋トレを行うと、脂肪が分解され、燃焼される状態にスタンバイされます。

そしてその後に有酸素運動を行うことによって、効率良く脂肪燃焼を行うことができます。

まとめ

がむしゃらにやるのは良くない(体験談)

ダイエットにしても、効率良く、早めに効果を出したいですよね。

これからは、有酸素運動の前に無酸素運動を行いましょう!

それでは!